ご寄付のお願い

 

 ご寄付のお願い

 創始者の三木安正先生は当時まだ整備されていない時代に知的障害者のための教育と福祉の連続的な支援の夢を描き、教育の場としての旭出養護学校、働く場・生活の場として、富士厚生園、旭出生産福祉園、大利根旭出福祉園を開園しました。その過程では、多くの方々のご支援とご協力を頂いて参りました。三木先生没後30年余が過ぎ、知的障がい児を取り巻く社会環境も大きく変化していますが、私たちはその遺志を引き継ぎ、旭出学園を末永く発展させていく所存です。

 学校の事業運営としては、授業料、入学金等の他、国・東京都の経常費補助金も頂き、厳しい経営ながら健全に推移しておりますが、築50年が経つ校舎の建替えについては多額の費用を要し、資金的な目途がついておりません。耐震補強や修繕を行うことで維持管理していますが、教室が狭く、また音楽室、美術室、体育館、作業室、生活自立寮なども十分な教育環境とは言えません。

 昨今のグローバリゼ-ション、IT化による社会の急速な変化の中で、子供たちの障がいの重度化、重複化が指摘されています。旭出学園は特別支援教育のパイオニアとして、複雑、多様化する教育的課題にチャレンジして参りますが、教育研究、人材育成にも資金を必要としております。

旭出学園の教育理念、方針にご賛同頂ける方々には是非ともお力添えを頂きたくご寄付を宜しくお願い申し上げます。

 ご寄付につきましては、以下ご参照ください。

1.申込み方法      こちらよりご確認ください 

2.税法上の優遇措置   こちらよりご確認ください

 

トピックス

*****************************************

 以前学校医をされていました牧野圭吾様、奥様康子様のご遺贈の寄付金により、平成26年度、築47年を超える「さつき寮」を耐震補強・リフォームし、幾つかの新しい教室を作ることができました。牧野様はクリスチャンでもあり、学園の児童・生徒たちとの温かいご厚誼をご寄付という形で残して頂きました。平成27年3月工事完成を機に、感謝の気持ちを込め「まきの館」と改名しました。

DSC07789

まきの館 平成27年3月撮影

*****************************************