中学部生徒。

2学期の運動会で飾る万国旗を作るにあたって、

「自分の国を作るつもりで、自分を表す旗を作ろう」

と投げかけて制作しました。

彼女はカラーセロハンテープを縦横に貼り、

絵の具の全ての色を使って塗り重ねました。

これは本当に素晴らしい作品です。

これだけたくさん手を動かしたというのが、まず評価できますし、

他者の干渉をほとんど受けていない、まさに彼女の世界、彼女の作品と言うことができます。

さらに、多くの人に伝わるであろう、「迫力」という良さを備えています。

(関口光太郎)