銀色の厚紙に対し、

おそらく鉛筆を往復させて横線をいくつも描き、

そこにカッターで縦に真っすぐに痕を付けていました。

ものすごくクールな表現です。

(関口光太郎)