含みのある雰囲気が、何となく似ているといえば似ています。

(関口光太郎)