小学部6年生の作品。

淡い桜色と、血潮のように鮮やかな梅の赤色の使い分けが見事です。

桜と梅、いずれの木も小学部の庭にあり、児童にとって身近な存在です。

(仲川 啓介)