畑の記憶

  美術クラブにて、専攻科1年男子。 進路の授業で畑に行ったことを、描きました。 最初は畑の畝を、黙々と描き連ねていました。 「自分の姿は描かないの?」と聞かれ… しかし画面を畝でいっぱいにするまで止まらず、 そして、中央に自分の顔を描きました。 まるで、記憶の中の畑を表現したようだ。   着色。 茶色系で顔を塗って、 外周を四角く枠取り。完成。 唯一無二の畑の絵。  ...

たくさんのくまちゃんと微量のうさぎ

      専攻科3年女子。 ずっと描いているモチーフですが、 線の太さを使い分けたり、大小でリズムをつけたりして、洗練されてきました。  ...

インスタレーション

中学2年生男子。 美術クラブで、今日は自由にお絵かきしてね、という授業でしたが、 なかなか描かず、 ふと見ると画用紙の上にクレヨン、色鉛筆を独特の美しい配置に並べていました。   時間が経つと、少し大盛りになっていました。  ...

梅雨

卒業生の集う、旭出あおば会にいらした、おとなり福祉園に通う大先輩の卒業生。 梅雨の情景を描きました。 右から二つ目の「あじさい」のみ、実物を見ながら描いたので、 ひときわ生命力があります。 他のモチーフは想像して描きました。 それはそれでじんわり来ますね。  ...

金魚

中学3年生男子。 新聞紙とガムテープで夏の形をつくる授業にて。 彼は題材を与えられると、必ず自分のテイストを盛り込んで制作できます。 それも即座に、一息に作るのです。 ROCKを感じます。  ...
1 / 512345